ポラゴンの「まんがネタバレ日記」

マンガを通してネグレクト、虐待、育児や介護など、身近な悩みを一緒に考えてみませんか。

貧困子供~女たちのサスペンスvol.7~【児童虐待、母子家庭 愛の手を下さい】第1話:街の灯り

こんにちは。

2児の育児中のママ、ポラゴンです。

 

児童虐待、貧困、母子家庭。

 

いろんな状況がありますが

ちょっとした親切、愛情があれば

こんなことにはならなかった

と思うことがたくさんあります。

 

子供たちに愛情を!

と叫ぶ前にできる事があると思います。

  女たちのサスペンス vol.7 貧困子供 - 漫画

「ebookjapan」で先行販売しています。

「無料で立ち読み」ができて、

スマホ、タブレット、PCでも読めます。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「ebookjapan」はコチラ>>

「貧困子供」で検索 ☝

  

【ネタバレ】

 

電話で、お互いに目印を教え合い

待ち合わせの約束をする女。

 

出会い系をしている女の名前は

森島逸子。

 

チラ見してダサイ男なら帰ろうと思ったが

待ち合せの男は結構イケている。

 

なんと小学2年生の時の担任

遠藤先生だった。

 

遠藤先生の待ち合わせ相手は

担任の保護者。

 

間違いに気づいた遠藤先生は

あわてて立ち去る。

 

置き忘れた財布から

逸子は運転免許証を抜き取る。

 

逸子の同棲相手は大学生。

 

しかも出会い系でもらったお金をねだる

完全なヒモ

 

運転免許証を返そうと

遠藤先生を訪ねる。

 

なんと10年も前の

逸子の境遇を覚えていた・・・。

 

【感想】

 

学校の先生って、意外と

担任した生徒のことを覚えています。

 

私も小学校の先生に

覚えてもらっていて

感動したことがあります。

 

それだけ見守って下さったんですね。

 

感謝の言葉しかありませんでした。

 

そんな経験をすれば

自分を大事にしよう

と思うのではないでしょうか。

 

子供たちに愛情を!と叫ぶ前に

できる事があると思います。

 

「ebookjapan」はコチラ>>

「貧困子供」で検索 ☝

 女たちのサスペンス vol.7 貧困子供 - 漫画