ポラゴンの「まんがネタバレ日記」

マンガを通してネグレクト、虐待、育児や介護など、身近な悩みを一緒に考えてみませんか。

カラダを売る女:実話?~波瀾万丈の女たちvol.8~「美味しい話には毒がある」【カネと性の地獄絵図】

こんにちは。

2児の育児中のママ、ポラゴンです。

 

お金は欲しいけど

一生懸命働きたくない。

 

気持ちはわかりますが

安易に稼ごうとすると

地獄に落ちます。

 

売春は女の最古の職業

なんて言われるのは悔しいです。

 波瀾万丈の女たち Vol.8 カラダを売る女

「まんが王国」では

無料で試し読みできます。

気になる方や興味のある方は、

読んでみてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

「まんが王国」はコチラ>>

「カラダを売る女」で検索 ☝

  

【ネタバレ】

 

どこかに旨い話はないか?

と考えている主婦、美沙子。

 

夫は種無しなので

子どもが出来ない。

 

何しろ退屈なので遊びたい。

思いついたのは「売春」。

 

最初はさすがに体が震えたが

人数を重ねるうちに慣れた。

 

なにせ数時間で数万円なんて

嬉しくてたまらない。

 

そんな時、原田利伸と知り合った。

 

もっとお金が欲しい2人は

売春の「斡旋」をすることにした。

 

場所は美沙子の自宅。

夫のいない昼間を利用するのだ。

 

お金は事前に男性から受け取り

抜いて女性に渡す。

 

好評はシステムで顧客が増え

美沙子は存分にお金を使い発散。

 

しかし、夫が不審に思い始めた。

 

【感想】

 

フラワーアレンジメントと言う名目で

自宅に女性を呼ぶ。

考えましたね。

 

でも夫が気づくのは時間の問題だと

分からなかったんですかね?

 

お金に狂って、道を踏み外す。

 

欲はほどほどに、ですね。

 

「まんが王国」はコチラ>>

「カラダを売る女」で検索 ☝

 波瀾万丈の女たち Vol.8 カラダを売る女