読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポラゴンの「まんがネタバレ日記」

マンガを通してネグレクト、虐待、育児や介護など、身近な悩みを一緒に考えてみませんか。

廻り暦(めぐりこよみ)【切ない思い出 なかったことに出来ないのか?】

こんにちは。

2児の育児中のママ、ポラゴンです。

お久しぶりです。

またネタバレが空いちゃいましたね。

 

子どもの頃にはわからなかったけれど

大人になって初めて誤解だと気付く。

 

そんな経験はありませんか?

 

なかったことにして欲しい。

切ない思い出の漫画です。

 廻り暦

「まんが王国」では

無料で試し読みできます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

「まんが王国」はコチラ>>

「廻り暦(めぐりこよみ)」で検索 ☝

 

【ネタバレ】

 

大みそかの夜

一人で過ごす仙田理恵(りえ)は

28歳、普通のOL。

 

唯一の友達である真由(まゆ)と

電話している。

 

大丈夫か?と心配する真由。

 

新システム変更に伴い

上司として本社から出向してきたのは

江本風花(えもとふうか)。

 

実は小学生の頃

3人は大の仲良しだった。

 

理恵が病気で入院したとき

風花は病気がうつるのがいやだから

とお見舞いに来なかった。

 

それから話しづらくなり

別々の中学に進み、それきり。

 

コンビニに行く途中

神社で歳の市が開かれていた。

 

脇道に気づき

導かれるように進む理恵。

 

すすんだ先に現れたのは

鳩とカレンダーに満たされた

幻想的な世界。

 

暦売り(こよみうり)。

一般的な露店のご主人とイメージが違い

物静かで小ぎれいな服装だ。

 

暦はお賽銭と一緒で

いくらでも良いと言う。

 

暦売りの肩にとまった鳩が話しかける。

「あの子、首尾よく廻れるかね?」

 

購入した暦は、廻り暦という特別な暦。

 

365日毎日忘れずにめくると

最後の一枚にある日付が現れると言う。

 

それが心から行きたいと望んだ日付だ

という。

 

約束事

1年の途中で最後のページを見ないこと

その日のページをめくりそこねないこと。

 

時を廻り目的を遂げたら

その最終ページを暦売りに譲ること。

 

新年が始まり

風花から仕事を教わる理恵。

 

風花からお昼にお誘いがあったが

あわてて断る。

 

立ち去ろうとした理恵に

「あの日」と風花が言いかける。

 

「あの日」とは?

 

急な飲み会に参加した理恵。

 

そこで風花が理恵の体調を

心配していたことを知る。

 

お見舞いに来なかった風花

心配してくれる風花。

 

どちらが本当の風花なのか?

 

風花が言いかけた「あの日」が何なのか

廻り暦にかける理恵。

 

とうとう1年が過ぎ

最後の暦をめくる。

 

そこに現れた日付は・・・。

 廻り暦

 

【感想】

 

わだかまりをいつまでも

引きずってしまう経験は

誰にでもあること。

 

出来れば、なかったことにして欲しい。

 

何も言えないまま別々の道を歩んで

奇跡の再会。

 

それは

誤解を解きなさい

という天の声かもしれません。

 

「まんが王国」はコチラ>>

「廻り暦(めぐりこよみ)」で検索 ☝

 廻り暦