ポラゴンの「まんがネタバレ日記」

マンガを通してネグレクト、虐待、育児や介護など、身近な悩みを一緒に考えてみませんか。

社畜!修羅コーサク【左遷社員さま必読! 社畜が生き残る方法を教えます】

 こんにちは。

2児の育児中のママ、ポラゴンです。

 

昨年は騒がせた過労死問題

残業時間も大問題になっています。

 

本社で過重労働するより

左遷された方がマシ?

 

今回は、左遷された社畜社員

そのスピリッツで生き延びていく様子を

描いた衝撃作品です。

 

視点を変えると面白いですね。

 

 

著者 江戸パイン

 

ebookjapan」はコチラ>>

「修羅コーサク」で検索 ☝

 

【ネタバレ】

 

主人公は、社畜のコーサク

東京から墓多死社に左遷された。

 

朝9時に出社して

帰宅出来ない日もあるほど働いたのに。

 

墓多の入り口には

「飢ェル噛ム」の看板。

 

近くの木にぶら下がっているのは

人間か人形か?

 

入ると大勢の子供たちが寄ってきておねだり。

まるで戦後の日本。

 

1人のサラリーマンが磔にされていた。

 

理由は嫁さんが女子高生なので

ボスの機嫌を損ねたから。

 

ここでは、ボスが絶対の存在

 

ボスに謝罪するときのお辞儀が見事で

ラーメンに例えられる。

 

墓多のタイフーンをものともせず

出社する技は東京で鍛えられた。

 

住人からは賞賛の嵐

 

コーサクは、ボスからの難題や

トラブルを次々とこなしていく。

 

【感想】

 

ここまで割り切れれば

どこへ飛ばされても安心ですね。

 

というより

こんな優秀な社員を左遷するなんて・・・。

 

「住めば都」

 

こんな生き方も(マル)ですね。

 

スマホ, タブレット, PCでも読めます。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「無料で立ち読み」ができます。

ebookjapanはコチラ>>

「修羅コーサク」で検索 ☝