読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポラゴンの「まんがネタバレ日記」

マンガを通してネグレクト、虐待、育児や介護など、身近な悩みを一緒に考えてみませんか。

歪んだ子育て【監視された子供は、金属バットで母親を襲う】

 こんにちは。

2児の育児中のママ、ポラゴンです。

 

最近はどこに行っても

監視カメラがありますね。

 

おかげで犯人が捕まっているので

便利な道具ですが、私も見られている

と思うと不気味です。

 

今回は、監視され続けた子供

キレた漫画です。

 

「まんが王国」はコチラ>>

「歪んだ子育て」で検索 ☝

 

【ネタバレ】

 

主人公は、原嶋安純(はらじまあずみ)。

夫の転勤で都会のマンションに

引っ越してきた。

 

勇作(10歳)、裕太(8歳)の

2人の子供と4人暮らし。

 

マンションの子供たちは

クビに防犯ベルを付けている。

 

隣の部屋は赤池さん。

勇作と同い年の男の子

真純(ますみ)がいる。

 

みんなが塾に行っているので

塾に行かせてもらう勇作。

 

マンションの公園には監視カメラがあり

部屋のテレビから子供を見ることができる。

 

ある夜、隣の部屋から

夫婦げんかの怒鳴り声。

翌朝、赤池さんの顔が腫れていた。

 

勇作が塾に遅刻して

塾から連絡が入る。

 

怒る安純を諭す夫。

 

ある日、真純の携帯を友達が持っている。

 

ナビでは公園にいるはずの真純が

母親の背後から

金属バットで襲いかかる。

 

「まんが王国」はコチラ>>

「歪んだ子育て」で検索 ☝

 

【感想】

 

遊んでいる公園でも、塾でも

いつでも見られていたら

子供でもイヤになりますよね。

 

夫が安純を諭す言葉

胸を刺します。

 

まったくその通りだと思いました。

 

「ボクを見るな-。見るなよー。」と、

母親を殴り続けていたそうです。

 

私は、スマホで読みました。

下のリンクから読んでみてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

「まんが王国」はコチラ>>

「歪んだ子育て」で検索 ☝