ポラゴンの「まんがネタバレ日記」

マンガを通してネグレクト、虐待、育児や介護など、身近な悩みを一緒に考えてみませんか。

青楼オペラ【お武家の娘は芯が強い!】

こんにちは。

2児の育児中のママ、ポラゴンです。

 

江戸時代の遊郭の物語は多いですね。

 

今回は、江戸時代を代表する吉原を

舞台にした切ない、そして謎めいた

ストーリーのマンガです。

 

【ネタバレ】

 

主人公は、武家の娘の朱音。

両親が亡くなったことで

吉原に身を売ることに。

吉原でも5本の指に入るといわれる

大見世の曙桜に入る。

 

しかし、花魁の朝明野にちゃんとした

お金のある客を捕まえてこないと

面倒はみないと言われる。

必死で探すも、そんな客は見つからない。

 

困り果てて、吉原の隅にある稲荷神社に

お参りに行くと、運命的な出会いが。

それが、近江屋の若旦那である近江屋惣右助。

その近江が、朱音を身請けしたいと

申し出てきた。

 

しかし、朱音はその申し出を断る。

遊郭に残る理由は・・・?

 

【感想】

 

吉原のような遊郭に入ると、よほどの運が

ないと出られないと言われています。

 

身請けのチャンスを断る理由は

両親が死んだ原因にあるのです。

読んでいくと、謎が解けます。

 

まんが王国では、無料で試し読みできます。

下のリンクから読んでみてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

「まんが王国」はコチラ

「せいろうオペラ」で検索 ☝