ポラゴンの「まんがネタバレ日記」

マンガを通してネグレクト、虐待、育児や介護など、身近な悩みを一緒に考えてみませんか。

総理の椅子【公約はどうなったの?総理になるのが目的の政治家たち】

こんにちは。

2児の育児中のママ、ポラゴンです。

 

最近、参議院選挙や東京都知事選挙が

続きました。

いろいろ公約を言ってましたが

保育所の問題はどうなったのでしょうか。

 

働いている人の育児は想像以上に大変です。

 

今日は、そんな政治不信に輪をかけそうな

漫画をご紹介します。

 

【ネタバレ】

 

ある一人の若き政治家が

総理大臣を目指す物語です。

 

主人公は白鳥遥(23歳)、大学生。

2年間、世界中を一人旅をしていた

経験がある。

 

最初の舞台は、東京都○区選挙区だ。

選挙中、民自党の仲阪典栄の

ボランティアを始めた。

もちろん政治家になるため。

 

その働きぶりは素晴らしく

イケメンでもある彼は高く評価される。

選挙中に、仲阪の事務所に写真と共に

脅迫文が。

 

何事もなく解決した白鳥は

仲阪に貸しを作ることに成功。

どんどん出世して

2年後には第一秘書になる。

 

しかし、それが仕組まれたモノだった

としたら・・・。

 

 

【感想】

 

一寸先は闇、というのが政治の世界です。

 

いろいろと策略をめぐらし

相手をおとしめる

本当に行われていることかもしれません。

 

「清濁併せ呑む」ことができる人が

政治家なのでしょうか。

最近の某政党の選挙戦といい

政治不信になりそうです。

 

日本の国益のために働いている

政治家の方も多いと思います。

 

保育所、育児虐待の問題

忘れないで欲しいです。

 

これからに期待しましょう。

 

まんが王国なら会員登録不要で

今すぐ無料で読むことができます。

スマホですぐに読めるので

ぜひ読んでみてくださいね♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

「まんが王国」はコチラ

「総理の椅子」で検索 ☝