ポラゴンの「まんがネタバレ日記」

マンガを通してネグレクト、虐待、育児や介護など、身近な悩みを一緒に考えてみませんか。

コウノドリ 【産婦人科医、ジャズピアニスト 二足のわらじの苦悩と希望】

こんにちは。

2児を育児中のママ、ポラゴンです。

 

子供を出産するのは、命がけですよね。

 

でも病気じゃないから普通に生まれて当然

と考えている男の人は多いです。

 

普通に生まれて当たり前

と考えられている産科のお医者様は

精神的にも肉体的にも大変だと思います。

 

今回は、産科医の苦悩を描いた作品を

ご紹介します。

 鈴ノ木ユウ先生の

「コウノドリ」

 

 

まんが王国では、無料で試し読みできます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

「まんが王国」はコチラ

「コウノドリ」で検索 ☝

 

【ネタバレ】

 

ジャズピアニストの「ベイビー」

日によって演奏時間が違う。

 

10分の時もあれば、2時間の時もある。

 

なぜなら、ベイビーのもうひとつの顔は

産科医

 

緊急の呼び出しがあれば

行かなくてはならないからだ。

 

ベイビーの本名は、鴻鳥サクラ。

 

聖ペルソナ総合医療センターに勤務している。

 

母子手帳を持っていない

「未受診妊婦」の出産。

 

その他

「切迫流産」「子宮外妊娠」「未熟児」

など、命にかかわる様々な問題が起こります。

 

なぜ、鴻鳥はジャズピアニストを

しているのか。

 

彼に関わるスタッフ、妊婦

家族たちの経済状態など

私たちが知らない世界を描いています。

 

【感想】

 

出産ってある意味、奇跡だと思います。

 

新しい生命がお腹の中で育って生まれてくる。

 

なんて神秘的なのでしょう。

 

でも、そこまで考える人は少ないので

普通に生まれて当たり前、何かあると

何でも医者の責任になってしまいます。

 

産婦人科医は責任が重く

大変なお仕事だと思います。

 

いろんなことが起こる中

冷静に判断する医師

スタッフたちの苦労がわかりました。

 

詳しく知りたい方は「まんが王国」

読むことができますよ。

無料で試し読みができます。

こちらで詳しくレビューしました。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「まんが王国を無料で試し読み」はコチラ

「コウノドリ」で検索 ☝