ポラゴンの「まんがネタバレ日記」

マンガを通してネグレクト、虐待、育児や介護など、身近な悩みを一緒に考えてみませんか。

普通の子~貧困家庭に生まれて~ 【普通のおうちに生まれたかった!ネグレクトです 読者投稿の実話ベース】

 

こんにちは、2児のママ、ポラゴンです。

 

普通の家ってなんでしょうね。

 

お父さんとお母さん、兄弟2人。

 マンションや一軒家に住み

年に1,2回は家族旅行。

 

ぜいたく品はないが、必要なモノは

そろっている。

 

そんなところでしょうか。

 

でも、そんな普通の家に生まれたかった

子供は、実は多いのです。

 

子供の6人に1人は貧困状態みたいです。

 

こんな漫画を見つけました。

 

普通の家に生まれたかった子供が

疑問を感じながらも貧困に染まっていく。

 

読者の実話ベースの漫画です。

 

紹介します。

 

「普通の子~貧困家庭に生まれて~」

 

 

 「まんが王国」で、無料で試し読みができます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「まんが王国」はコチラ>>

 「普通の子」で検索 ☝

 

 【ネタバレ】

 

村本沙月は小学3年生。

 

持ち物チェックで

昨日と同じハンカチを出して

「×」評価を受ける。

 

職員室で教師が

「あんな親」と罵るのを聞いてしまった沙月。

 

沙月は母子家庭で、

母親のエリ(27歳)はキャバ嬢だ。

 

アパートは時々、電気やガスが

止められるほど生活が苦しい。

 

食事はいつも一人。

 

電気が消えた暗い部屋で

パンをかじることもしばしば。

 

ガスを止めらているので、

冷たい水で震えながら体を洗う。

 

母親が仕事から帰ってきて、

甘えようとしても突き飛ばされる。

 

学校でも家でも、いつも 一人ぼっち

 

ある日、「花名ちゃん」が転校してきた。

 

花名ちゃんの家に遊びに行って

穴の開いた靴下をお母さんに

縫ってもらった沙月。

 

明るい部屋、楽しいゲーム、甘いおやつ。

 

普通のお家に憧れる。

 

花名ちゃんのお誕生日会に誘われても

プレゼントを買うお金がないので

行けなかった。

 

ますます荒れる、母親。

 

なんと、お金がない沙月に

欲しいものは万引きするように、という。

 

果たして、万引きしてしまうのか・・・。

 

 

【感想】

 

自分の母親に

「なぜウチは普通じゃないの?」

と問いかける沙月に

「普通じゃない家の子は

普通じゃない人生を送るしかない」

投げやりな言葉。

 

子供にとってはショックですよね。

 

実際、貧困家庭に生まれた子は

ずっと貧困生活を送る場合が多いようです。

 

この日本で、階層が固定化している

らしいです。

 

一度落ちたら、這い上がれないのでしょうか。

 

大学に行くにもお金がかかる。

 

奨学金も結局は借金。

 

大学を卒業しても

社会人生活のスタートに借金あり

では、生活がキツいと思います。

 

何とかならないでしょうか。

 

この漫画に解決のヒントを探しませんか。

 

 

「まんが王国」無料で試し読みができます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「まんが王国」はコチラ>>

「普通の子」で検索 ☝