ポラゴンの「まんがネタバレ日記」

マンガを通してネグレクト、虐待、育児や介護など、身近な悩みを一緒に考えてみませんか。

命の叫び「3話目」~悪魔の巣窟~【生き残るために肉親を殺しました】

 

こんにちは。

 

この話は

実際にあった連続殺人事件を

もとに描いた漫画です。

 

ささいな落ち度に難癖をつけ

その家に入り込み、すべてを奪う。

 

奪い尽くすと、次のターゲットを見つけ

すべてを奪う。

 

命までも・・・。

 

平凡ながら幸せに暮らしていた

少女の人生を狂わせたのは

親切心からだった。

 

「命の叫び」という漫画は

まんが王国で無料で試し読みができるので

興味があれば読んでみてください。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「まんが王国」はコチラ

「命の叫び」で検索 ☝

 

【ネタバレ】

 

主人公の「晴美」は女子高生。

 

実家は商家を営み

両親と姉と幸せな生活を送っていた。

 

そこに入り込んできた

義理のいとこの「周二」は

覚せい剤で捕まった過去がある。

 

最初はおとなしくしていたが

やがて本性を現し

悪い仲間を家に連れてくる。

 

その仲間たちは、暴力で

家族を恐怖におとしいれて支配下に置く。

 

自分の家なのに、1室に閉じ込められ

全財産も奪われる。

 

母親に続いて父親までも逃げ出し

姉妹は孤立してしまう。

 

脅されるまま、晴美が姉に暴力を振るうと

姉は息絶えてしまう。

 

埋めに行くと、そこには他の死体が。

 

彼らは、人殺しは

初めてではなかったのだ。

 

晴美の家を奪い尽くすと

別の家に難癖をつけ、入り込んで奪う。

 

命までも・・・。

 

いったい、いつまで繰り返されるのか。

 

【感想】

 

本当に恐ろしいですね。

 

家族同士で殴らせて

しょく罪の意識を植え付けて

自分たちの「仲間」にしてしまう。

 

「これであんたも、私たちの仲間だね」

 

主犯の女の言葉が

晴美の胸に刻まれます。

 

逆らわなければ暴力は振るわれない

もう逃げられないと言い聞かせる。

 

いつまでも続くわけがありません。

 

被害者から加害者になった晴美は罪を償う。

 

暴力で支配されてしまうと

思考が停止して反抗できなくなって

しまうのですね。

 

冷静に考えれば警察に通報すれば

良いだけの話ですが、そんなことも

考えられなくなってしまうのでしょう。

 

洗脳って、本当の恐ろしいですね。

 

どうせなら

プラス思考に洗脳されたいです。

 

無料で試し読みができるので

是非読んで下さいね。

 

「まんが王国」で安全に試し読みする方法

こちらで解説しました。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

まんが王国を無料で試し読みする方法

「命の叫び」で検索 ☝