ポラゴンの「まんがネタバレ日記」

マンガを通してネグレクト、虐待、育児や介護など、身近な悩みを一緒に考えてみませんか。

望まれない子②~はきだめの雑草たち~【娘を公衆便所と罵る母親:この虐待、実話です】

 

こんにちは、ポラゴンです。

 

第1話に続いて

この話もエグイです。

 

実父はまともに働かず、娘を襲う。

 

しかも弟まで・・・。

 

本当に実話なのか?

 

ショックです。

 

「望まれない子」という漫画は、

まんが王国で、無料で試し読みができるので

興味があれば読んでみてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「まんが王国」はコチラ

「望まれない子」で検索 ☝

 

【内容】

 

唯は中学生。

 

同級生の男子に暴行されている

男性ホームレスが気になる。

 

何か同じにおいがする、から。

 

父親は、脱サラして失敗。

 

借金を抱え、飲んだくれている毎日。

 

そんな父親から性的暴行を受けてしまう。

 

唯は被害者なのに母親に責められる。

 

しかも、金づちで殴るのです。 

 

そんな唯のなぐさめは

男性ホームレスのおじさん。

 

いろいろ話を聞いてくれて

安心する存在。

 

父親の借金の返済のため

ソープランドで働かされる唯。

 

引きこもりの弟にまで襲われ

その上・・・。

 

身も心もボロボロ。

 

ある日、男性ホームレスおじさんが死亡。

 

唯にはスケッチブックが残される。

 

そこに書かれた絵。

 

まだまだある、衝撃の実話。

 

涙なくして読めません。

 

【感想】

 

本当に悲しくなる

心が引き裂かれそうになる話です。

 

母親の父親に対する態度が気になります。

 

父親が働くように

一緒に職をみつければ良いのでは。

 

でも、父親の暴力が怖いのかも。

 

さんざん唯を責めておきながら、

小学校の担任だった教師と不倫。

 

しかも唯は教師に、お風呂場で

いやらしいことを強要されます。

 

唯がソープランドで働いたお金を

あてにしているのに、母親は唯を

「公衆便所」

と罵る。

 

ここまで来ると、虐待ですね。

 

娘を守ろうとしないのか?

 

母親は現実に目をそむけているだけ

逃げているだけ、でしょう。

 

家族全員から裏切られ、身も心もボロボロ。

 

手首には無数のリストカット。

 

死んだほうがまし!!!

 

でも、死にきれない。

 

まだ、現実に未練があるのか。

 

心のよりどころであった

ホームレスおじさんが

亡くなってしまったのは悲しいです。

 

おじさんも唯と同じように

家庭内で孤独だったのかもしれません。

 

スケッチブックに残された絵は

何を意味しているのでしょうか。

 

最後に唯が前を向いて生きていく

決意が救いです。

 

読んでみて、ご意見ください。

 無料で試し読みできます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

「無料試し読み」はコチラ

「望まれない子」で検索 ☝