ポラゴンの「まんがネタバレ日記」

マンガを通してネグレクト、虐待、育児や介護など、身近な悩みを一緒に考えてみませんか。

老いた卵子~妊娠適齢期~【義母から矢のような催促、もう耐えられない】

 

こんにちは、ポラゴンです。

とても刺激的な題名ですね。

子供が

欲しくても、欲しくても、欲しくても、

できない。

 

それは若いころ

乱れた生活をしていたからか。

 

それとも人生計画が甘かったのか。

 

義母から早く、早くと責められ

精神的に参ってしまう主婦の苦悩

を描いています。

 

「老いた卵子」という漫画は、

まんが王国で、無料で試し読みができるので、

興味があれば読んでみてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「まんが王国」はコチラ

「老いた卵子」で検索 ☝

 

【内容】

 

小山麻美は32歳の独身OL。

 

毎夜のごとく、飲んで帰宅する。

 

姉の知美は38歳。

 

結婚したが子供に恵まれず

不妊治療をしている。

 

姉をばかにした麻美は

自信満々に婚活を始めたが

年齢を理由に断られ続ける。

 

やっと、役場の公務員を見つけ

34歳で結婚。

 

でも、なかなか妊娠しないので

義母に勧められ病院で検査したところ

麻美の卵子の老化が原因と言われてしまう。

ショックを受ける麻美。

 

自然妊娠が難しいので

出産を希望するなら不妊治療が必要

とのこと。

 

夫も精子の動きが悪い。

 

麻美は自分は悪くない、と夫のせいにする。

 

義母は、妊娠しないなら離婚だ、と言う。

 

妊娠に良いことはヨガでも食品でも試し

人工授精するもダメ。

 

体外受精するために転院先には、

姉の知美も通院していた。

 

すでに41歳なのであきらめた、と言う。

 

毎日毎日、義母に責められる麻美は

精神的に参ってきた。

 

そんな中、

姉の知美が妊娠したという知らせが・・・。

 

妬む麻美、果たして妊娠できるのか。

 

続きが気になりますね。

 

【感想】

 

少子化が進んでいる現在

妊娠適齢期、不妊治療という言葉が

目につくようになりました。

 

初婚年齢も年々上がっており

 

2014年の初婚年齢は

男性が31歳、女性が29歳だそうです。

 

妊娠出産の適齢期は

実は20代から30代前半。

 

30代後半から妊娠しにくくなり

流産などの問題が起きやすくなるのです。

 

自然妊娠が難しいなら

人工授精という流れです。

 

精神的に参ってしまうのも理解できます。

 

最近は精神面での理解が進み

そんなに言わなくなってきている気が

しますが、無言の圧力はあるでしょう。

 

子供が欲しい!!!

 

麻美の心の叫びが聞こえます。

 

麻美は妊娠しないのは夫のせいだ

と責任転嫁していますが

現実を受け入れたほうが

良いのではないでしょうか。

 

そうすることで

道が開けてくる気がします。

漫画にある、義母の毎日の催促は

つらいですね。

 

しかも男の子が欲しい、とは。

 

無事に妊娠したのか

それともあきらめたのか?

 

子供が欲しいからと言って、

誠実な夫を裏切るのか?

 

実は、意外な展開になります。

 

 

無料で試し読みできます。

興味のある方は、下のリンクから読んでみてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

「無料試し読み」はコチラ

「老いた卵子」で検索 ☝