読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポラゴンの「まんがネタバレ日記」

マンガを通してネグレクト、虐待、育児や介護など、身近な悩みを一緒に考えてみませんか。

「ちいさいひと」 【実話? 放置された子供たち ネグレクトの実態とは】

 

こんにちは、ポラゴンです。

 

子供への虐待、ネグレクトに真剣に挑む、

新米児童保護司と保育士の奮闘記。

 

育児とは、家庭の幸せとは何か

問いかける作品です。

 「ちいさいひと」という漫画は、

まんが王国で、無料で試し読みができる

ので、興味があれば読んでみてください。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「まんが王国」はコチラ>>

「いのちの叫び」で検索 ☝

 

【内容】

 

児童相談所に就職する

新米保護司の相川健太22歳と

保育士の長澤彩香。

 

これからの仕事へのヤル気が満々。

 

その事件は、思わぬところから始まっていた。

 

ある日、マンションに母親が立ち寄る。

 

幼い女の子の愛莉は、

母親に妹が泣いていると告げるが、

ドアの隙間からコンビニ弁当を

置いて立ち去る。

 

痩せこけた姉妹。

 

部屋はコンビニ弁当の空きなどゴミだらけ、

洋服も汚れっぱなし。

 

ベットには泣き叫ぶ妹莉子。

 

相川と長澤は職場に挨拶を済ますが、

何やら副所長の藤井と相川は知り合いの模様。

 

この春赴任してきた新所長の黒木は、

何やら怖い雰囲気。

 

こうして相川の研修が始まった。

 

一方、長澤と塚野(先輩保護司)は

ある豪邸を訪ねる。

 

子供(愛莉)が、

1歳6か月健診を受けていないと告げるも、

追い返される。

 

母親は男と飲み歩いていて、

帰宅していない模様。

 

祖母と言い争いをした母親は、

出て行ってしまう。

 

幼い姉妹の運命は・・・。

 

 

【感想】

 

最近、児童虐待の報道が多く、

悲しく思っています。

 

親から虐待を受けると、

同じことを自分の子供にしてしまう

傾向があるそうです

 

お母さんは、わかっていてもやめられない。

 

そんな悪循環、負の連鎖を

どこかで断ち切りませんか。

 

どこの自治体も予算不足、人手不足で

十分に対処できていないようです。

 

「最大の犠牲者は子供」

 

ご近所同士が仲良くなって、

お互いに関心が持てれば、

こういう事件も少しは防げると思います。

 

これは地域の社会問題、絆の問題でもあります。

 

漫画ですが読んでみて、

子育てやご近所付き合いを考えてみるのも良いですね。

 

無料で試し読みできますので、

下のリンクから読んでみてください。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

「まんが王国」はコチラ>>

「ちいさいひと」で検索 ☝